• 板門店 / DMZ
    • DMZ(午前ツアー)
    • DMZ(第2トンネル)
    • 第3トンネル
  • TOP12パッケージ
    • TOP1. 板門店ツアー A コース
    • TOP2. 板門店ツアー B + 第3トンネルツアー
    • TOP3. 第3トンネルツアー
    • TOP4. 第2トンネルツアー
    • TOP5. 景福宮午前
    • TOP6. 世界文化遺産ツアー
    • TOP7. 民俗村ツアー
    • TOP8. 水原華城ツアー
    • TOP9. 南怡島+プチフランス
    • TOP10. 鬼、師任堂(サイムダン)
    • TOP11. 安東河回村 全日
    • TOP12. 公州と扶余日帰り
  • ソウルシティ
    • 世界文化遺産ツアー
    • 韓国文化ツアー
    • ナイトツアー
    • 景福宮午前
  • ソウル周辺
    • 水原華城 + 民俗村
    • 水原華城
    • 民俗村
    • 江華島
    • 利川 陶磁器 体験
  • 地方
    • 南怡島+プチフランス
    • 鬼、師任堂(サイムダン)
    • 安東河回村 全日
    • 公州と扶余日帰り
    • 慶州当日
    • 雪岳山 当日
  • スキー
  • 注文
    • 車両とガイド付き
  • 韓国文化体験
  • コースを見る
  • 予約する

公州と扶余日帰り

  • ツアー時間  08:00 ~ 18:00
  • 最小人数  3人
  • コスト  ₩120,000 ($120.00)
  • コース 出発場所を決める >  国立公州博物館 >  武寧王陵 >  落花岩 >  皐蘭寺 >  扶蘇山と扶蘇山城 >  ホテル着
  • 含まれる物
    1. ガイド
    2. 車両
    3. 入場料
  • 支払い
    現金又はカード
  • 取消し
    ツアー行事日1日前(24時間)以降からの取消しは100%取消料徵收いたします。
  • 注意事項
    自然災害(大雨、大雪)による場合は、ツアーがキャンセルされます。

世界文化遺産探訪について


石窟庵(ソッグルラム)  |  海印寺蔵経板殿  |  宗廟(ゾンミョウ)  |  昌德宫 |  水原華城  |  慶州歴史地区  |  高敞・和順・江華 支石墓遺址  | 

済州火山島と溶岩洞窟 |  朝鮮王陵  |  河回と良洞  |  南漢山城  | 百済歴史遺跡地区  



国立公州博物館  忠南の北部地域から発掘された文化財を保管・管理している博物館




「国立公州博物館(クンニプコンジュバンムルグァン)」は、忠南の北部地域から発掘された文化財を保管・管理している博物館で、1971年発見された百済時代の武寧王と王妃の墓である武寧王陵から出土した文化財を特別管理しています。武寧王陵から出土した遺物のほとんどを観覧することができ、現在の博物館の建物はその文化財を展示するために新しく建てられたものです。


武寧王陵以外にも多くの遺跡や遺物を発掘してきたこの博物館は、2つの展示室があり、現在は国宝19点と宝物4点などを含む、約1000点の遺物が展示されています。2階にある第1展示室では、武寧王陵から出土した遺物が展示されており、金でできたベルトや腕輪、青銅の鏡や、実物大の武寧王陵の墓の模型が展示されており、王陵内部も見ることができます。また第2展示室では、忠南地域から出土した遺物が時代別に展示されています。その他にも公州一帯から出土した多くの石の遺物も見ることができます。




 


国立公州博物館の歴史




地域の百済文化を保存したいという地域民の願いから設立された「公州古蹟保存会」と「公州史蹟顕彰会」を基に出発しました。1940年には公州市中洞で「公州博物館」を開館し、1945年に国立博物館となりました。2004年には熊津洞に新築・移転され今日に至っています。

また、1971年公州市宋山里古墳群で発掘調査が行われた武寧王陵と大田・忠清南道の地域で出土された国宝19点、宝物(重要文化財)4点を含む2万点の文化財が収集・保管されてあります。なお、学術的価値の高い文化財は、平常展と特別展を通じて多くの方々にご鑑賞いただけます。




宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産]


百済の代表的な遺跡「宋山里古墳」と「武寧王陵」 




忠清南道公州市にある百済の代表的な遺跡「宋山里古墳(ソンサンニコブン)」の中で、武寧王陵の発掘後25年間は公開されていました。しかし、藍藻類などの微生物の生息や雨漏りなどによって原型を保存するのが難しいことから1997年11月、武寧王陵など宋山里古墳群の補修工事後は武寧王陵を含めて近郊にある5・6号基も永久に閉鎖されました。現在は古墳の原型と同一に作った模型を一般公開しています。


公州市錦城洞は百済熊津都邑期の王と王族の墓が集まっている場所で、武寧王陵をはじめ7基の墓があります。この中で武寧王陵は塼築墳で1971年に排水工事中に発掘され、国宝に指定されたものだけでも12点にも及びます。武寧王(462-523)は在位期間、民生を安定させ、国力を高めて国際的な地位を強化するなど大きな業績を成しました。武寧王陵の発見は百済文化の高い水準とその確実な歴史を証明する歴史的な契機となり、東洋文化にきらめく百済文化の価値をさらに高めました。 


○ 宋山里 1~5号墳 

武寧王陵の周辺に集まっていて自然滑石を利用した石室墳で1~5号墳は玄室(横穴式古墳の中なかにあって棺を安置する部屋)の床に小石が敷かれてあり、5号墳のみ壁石で棺を安置する場所が2ヶ所構築されています。天井が穹窿状になっている石室墳ではハンアリが出土されました。 


 宋山里6号墳の壁画(内部) 

宋山里6号墳は世界で発見された唯一の壁画塼築墳で長さ4m、幅2.5mの南北の長いトンネル型です。南側の壁と北側の壁は垂直で東西の壁は上部が丸くドームのようになっていて、両方の壁に各3匹、北の壁に1匹の火炎の形をした小さい龍がいます。武寧王陵とほぼ同じ形で構築されています。壁には壁画のある部分にだけ泥が塗られていてその部分には青龍、白虎、朱雀、玄武の四神図が描かれています。南側の壁にある朱雀の左右には月が描かれています。 




 武寧王陵(史跡第13号) 

百済第25代武寧王と王妃を合葬した墓で東には秀麗な公山城、西には錦江が穏やかに流れており、南には鶏龍山の美しい景色を見ることができます。武寧王陵は1971年、宋山里5号墳と6号墳の浸水防止のための工事中に発見されました。墓の構造は、長方形の通路(古墳の入口から死体が安置されていた部屋までの通路)とすべての蓮花文が刻まれている壁石が整然と摘まれている

玄室壁は王と王妃の合葬棺台があり、3方向の壁には朱漆と火焰文を描いた宝朱型の灯篭5つが装飾されています。特に、しっかりと焼かれて壁石で作られた王陵はその緻密さにより百済の化学と水理学の水準の高さを見ることができるばかりではなく、その美しさは世界的にも評価されています。この王陵から出土された遺物は108種4,600点にもおよび、国立公州博物館に展示されています。その中で12点が国宝に指定されました。特にこの陵で史石が発見されたことで被葬者とその構造年代を確実に知ることができる唯一の資料となりました。武寧王陵から出土された代表的な国宝級の遺物は王と王妃の金冠、王妃の金製頸飾、王の金製の簪、王妃の銀製の腕輪、青銅神獣鏡、石獣、支石、頭枕、足座などがあります。




落花岩 百済時代の伝説に会う




扶余の白馬江を見下ろすように高くそびえたっている岩の絶壁が落花岩(ナックァアム)です。落花岩は百済が新羅と唐の連合軍に陥落した時、百済の三千宮女がまるで一片の葉のように白馬江の下に身を投げたという伝説で有名な場所です。落花岩は、この伝説のように女性の貞節を命よりも大切にしていた女性達の精神がにじみ出ている場所です。この岩石の上に1929年この地域の群首だった洪漢杓が、百花亭という東屋を建てました。絶壁の下には「落花岩」という文字が刻まれていますが、これは朝鮮時代の偉大な学者だった宋時烈先生が書いたものです。



皐蘭寺  三千宮女の精神を後世に伝える




落花岩を屏風のように映し出している白馬江の川岸に位置している皐蘭寺(コランサ)は、百済末期に建てられたものと推定されています。百済の王たちが休息を取るための東屋だったという人もいれば、百済が滅亡するときに落花岩で身投げした三千宮女の精神を後世に伝えるために建てられたという説もありますが、皐蘭寺についてのはっきりした記録は残されていません。



皐蘭井という井戸の伝説


寺の後方にある岩の間には皐蘭井という井戸があり、また井戸の上にある岩の間には皐蘭草が生えています。百済の王たちは1日に1回ずつ皐蘭井から湧き出る水を飲んでいましたが、水を汲みに行く家来たちは、皐蘭草の葉を水に浮かべることで皐蘭井からもってきた水だということを証明しました。 

この地は白馬江の美しい景色を観賞するのには、この上なく素晴らしい場所です。白馬江の遊覧船に乗って、水上の情趣を楽しむのも、よい思い出となるでしょう。




百済文化の宝庫、扶蘇山と扶蘇山城


扶余の市街地の北側に紺碧の林が続く海抜106メートルの低い扶蘇山が一番最初に目に留まります。扶蘇山には数多くの百済の女性達が花びらが散っていくかのように自らの死で節義を守った落花岩、百花亭、泗沘楼、半月楼、宮女祠、皐蘭寺、扶蘇山城(史跡第5号)、迎日楼、成忠・興首・階伯の百済忠臣を祭った三忠祠、穀物の倉庫だった軍倉址、百済の軍人の穴蔵である竪穴住居址など百済の歴史と百済王室の話が至る所に潜んでいます。


 


「三国史記」の百済本紀には泗沘城、所扶里城と記録されていますが、山城があった山の名前をとって扶蘇山城と呼ばれています。この山城は百済の首都であった泗沘土城の一環であり、王宮を守護するために538年に首都の遷都前後の時期に築造されたものであると考えられており、これ以前の500年頃、すでに城山が築造されていた可能性があります。その後、605年に大々的に改築が行われたと推定されています、一方、一部の城壁は統一新羅時期に修築され、高麗と朝鮮時代にはその地域の規模に合うように縮小されて利用されていたと考えられています。




百済の文化に出会う、扶蘇山の遺跡地


○ 三忠祠 

扶蘇山城の正門である泗沘門を過ぎて少し歩いて上がっていくと三忠祠があります。外三門と内三門を過ぎて書堂に入ると百済末の三忠臣である成忠・興首・階伯の肖像画と位牌が祭られています。毎年10月の百済文化祭の時に祭祀を行い、3人の崇高な救国忠節を称えます。


○ 迎日楼

迎日楼は扶蘇山城の一番東側の峰に建てられた百済王と貴族達が遠く鶏龍山の連天峰からの日の出を見て国政と国の平安、百姓達の平安を祈願した迎日台に立てた楼閣です。

 

○ 軍倉址

別名、万里蔵と呼ばれていたこの場所は1915年に焼かれたお米が発見された軍隊の穀物を保管していた倉庫です。


○ 竪穴住居址

軍倉址を少し過ぎると穴蔵が見えます。穴蔵は百済の時に軍人達の穴蔵を発掘、復元したところで、1mほど掘って四方を木やわらで塀を囲った後、わらの屋根を置いた様子です。穴蔵と貯蔵庫を発掘した場所に展示室を建て、構成をしっかりと見ることができるようにしました。


○ 泗沘楼

扶蘇山で一番高い所(海抜106メートル)に位置する泗沘楼に月が明るい夜に登ると美しい景色が目の前に広がります。泗沘楼の建立当時、泉水を掘っていたら金銅釈迦如來立像(宝物大196号)が発見されました。


○ 百花亭 

落花岩の絶壁の上に建てられた六角の屋根の亭子が百花亭です。白馬江を見下ろすことができる百花亭は百済滅亡当時、花びらのように落ちて死ぬことで忠節を守った崇高な百済の女性達の魂を追悼するために1929年に扶風詩社という団体が建てました。 


○ 宮女祠 

半月楼広場で東北側を少し下ると宮女祠があります。この宮女祠は660年に連合軍によって泗沘城が墜落した日、落花岩で花びらのように落ちて死んでいった百済の女性達の忠節を追悼し、その意味を後世に広く伝えようと1965年に建てられました。10月の百済文化祭の時に司祭を行います。

 

○ 官北里遺跡

官北里遺跡は1983年9月に忠清南道記念物第43号伝百済王宮址に指定されています。1982年からこの一帯を中心に忠南大学博物館で5回に渡って発掘調査を行いました。1983年度に方形石築蓮池が発見され、1988年度の発掘調査では土器の口縁部に北舎という銘文が刻まれたものが発見され、1992年度には現在の国立扶余文化財研究所の南側50メートルのところから百済時代の道路の遺跡や排水施設が見つかりました。







旅行日程

以下のコースを参照してください.