• 板門店 / DMZ
    • DMZ(午前ツアー)
    • DMZ(第2トンネル)
    • 第3トンネル
  • TOP12パッケージ
    • TOP1. 板門店ツアー A コース
    • TOP2. 板門店ツアー B + 第3トンネルツアー
    • TOP3. 第3トンネルツアー
    • TOP4. 第2トンネルツアー
    • TOP5. 景福宮午前
    • TOP6. 世界文化遺産ツアー
    • TOP7. 民俗村ツアー
    • TOP8. 水原華城ツアー
    • TOP9. 南怡島+プチフランス
    • TOP10. 鬼、師任堂(サイムダン)
    • TOP11. 安東河回村 全日
    • TOP12. 公州と扶余日帰り
  • ソウルシティ
    • 世界文化遺産ツアー
    • 韓国文化ツアー
    • ナイトツアー
    • 景福宮午前
  • ソウル周辺
    • 水原華城 + 民俗村
    • 水原華城
    • 民俗村
    • 江華島
    • 利川 陶磁器 体験
  • 地方
    • 南怡島+プチフランス
    • 鬼、師任堂(サイムダン)
    • 安東河回村 全日
    • 公州と扶余日帰り
    • 慶州当日
    • 雪岳山 当日
  • スキー
  • 注文
    • 車両とガイド付き
  • 韓国文化体験
  • コースを見る
  • 予約する

鬼、師任堂(サイムダン)

  • ツアー時間  08:00 ~ 19:00
  • 最小人数  3人
  • コスト  ₩149,000 ($135.00)
  • コース ホテルピックアップ >  烏竹軒 >  昼食 >  船橋荘 >  江陵安木海岸 コーヒーロード >  注文津突堤 >  ソウル到着
  • 含まれる物
    1. ツアーガイド
    2. 車両
    3. 入場料
    4. 昼食
  • 支払い
     現金及びカード決済
  • 取消し
     ツアー行事日1日前(24時間)以降からの取消しは100%取消料徵收いたします。
  • 注意事項
    1. 自然災害による場合はツアーがキャンセルされます。
    2. 5歳未満は無料になります。


五万ウォン札、その中に描かれた申師任堂と文化遺産



 5万ウォン札のモデルが申師任堂がされ、息子栗谷李珥とともに世界初の母子が紙幣に描かれるようになりました。






 " 師任堂(サイムダン)、色(光)の日記 撮影地 - 江陵 烏竹軒



位 置 : 江原 江陵市 竹軒洞 201


文化財 : 宝物 165 号


江陵烏竹軒は烏竹軒をはじめ、いくつかの観るものが多い。代表的なもの栗谷李珥の遺影を保管している文成祠栗谷李珥が生まれた夢龍室、栗谷李珥記念館などがある。




裏庭に茎が指だけで色が黒の竹が生えており、付けられた名前である。よく知られているように、退渓李滉と朝鮮時代の最大の学者に数えられる栗谷李珥が生まれた家である。しかし、烏竹軒は、彼の実家ではなく、外、すぐに申師任堂の実家だった。

烏竹軒が今日の姿に浄化されるまで李栗谷(イユルゴク)の子孫が所有していた。私たちの国の住宅建築では、最も歴史の古い建物の一つである。




烏竹軒は朝鮮時代初期の建築物で、建築史跡の面において重要性を認められて1963年に宝物第165号に指定されました。この夢龍室で栗谷・李珥が生まれたとされています。境内は烏竹軒をはじめ、文成祠、サランチェ、御製閣、栗谷記念館、江陵市立博物館などがあります。文成祠は栗谷の位牌堂であり、御製閣は栗谷の著書である『撃蒙要訣』と栗谷が幼い時に使用した硯を保管するための遺品所蔵閣です。一方、栗谷記念館は栗谷の著書と申師任堂の遺作をはじめ、梅窓・玉山李瑀など栗谷の一家の遺品の展示館です。江陵市は1961年から現在まで、毎年10月25日~26日に栗谷を追悼する栗谷祭典を行っています。




文成祠と博物館




文成祠は1975年栗谷李珥先生の遺影を迎えるために建てた祠堂である。
 「文成」は、1624年仁祖王が栗谷先生に下した諡号である。意味は、「道徳と物事を広く聞い通し民の幸福を見て情事の根本を立てた。」という意味が込められている。


"師任堂(サイムダン)、色(光)の日記撮影地 - 江陵 船橋莊



船橋荘は江原道地域で最もきれいに残されている品位ある上流階級の家屋です。江陵市から鏡浦方面に4km程離れたところにある船橋荘は朝鮮時代の上流階級の邸宅を代表する場所として重要民俗資料第5号に指定されました。船橋荘という名前は、鏡浦湖が現在よりも広かった時代、出入りするのに船を利用していたためこの地域を船橋の村(船橋里)と呼んでいたことに由来しています。 


船橋荘は朝鮮後期、孝寧大君の子孫であるイ・ネボン(李乃蕃/1703-1781)がイタチの群れを追いかけて偶然見つけた土地に建てた邸宅で、彼の子孫が現在も住んでいます。総建坪1,051.24㎡(318坪)で長いヘンナン(伝統的な屋敷で表門の両側にある、仕える者が居住する部屋)に囲まれた母屋や離れ、東別堂という家族が集まる部屋や祖先を祀る部屋などがそのまま残っています。門の外には数百坪の蓮池の上に造られた活來亭という東屋があり、また庭園までも備えています。船橋荘は建物だけでなく朝鮮後期の住居生活や生活用具を研究する際の貴重な資料になっており、周辺の景観とうまく調和しています。船橋荘の離れは「悦話堂」と呼ばれ、「龍飛御天歌」という歌や高麗史など数千冊の本や絵が収められています。 


母屋 

イ・ネボンによって1700年前建立された建物で、船橋荘の建物の中で最も庶民的な性格をもっており居間の向かいには広い板の間があり台所が居間と隣りあっています。 


悦話堂(ヨルヮダン) 

主人専用の離れとして1815年に建てられ、悦話堂という名前は中国の詩人である陶淵明の悅親戚之情話という作品からとって名づけたと言われています。悦話堂は3段の石の上に建てられた楼閣形式の建物で、非常に風情のある姿を見せています。 


東別堂(トンビョルダン)

母屋に連結し主人専用に建てられたㄱ字型の建物です。東側に2つ、西側に1つのオンドル部屋をつくり前には広い板の間が、後ろと東側には小さな縁側があります。


活來亭(ファルレジョン)

船橋荘の庭園内にある人工池の上に建てられた東屋で1816年、悦話堂の次に建てられました。活來亭という名前は朱子の詩(觀書有感)中の「爲有頭源活水來」からとったと言われています。石柱で支えられ蓮池の上に浮いているように造られた活來亭は、楼閣形式をとりㄱ字型をしています。活來亭は側面全体が4枚続きの格子窓になっており部屋と板の間をつなぐ廊下の隣には客をもてなすための茶室もあります。 


その他 

母屋と悦話堂の間にある書斎兼書庫として使われていた西別堂(ソビョルダン)は、一度焼失しましたが1996年に復元されました。建物の前にはヘンナンがあり、また横は元々倉庫でしたが開化期になって西洋から入ってきた新しい学問を教えていた東進学校跡があります。






江陵安木海岸 コーヒーロード




江陵で必ず行くべき場所になってしまったところがあります。それは江陵コーヒーロードです。他の言葉で安木海岸 コーヒーロードと言われます。

ここでは、安木海岸ビーチ道の隣に250以上のコーヒー専門店、コーヒー工場が位置しています。1990年代までは、ここでは自動販売機コーヒーだけあった場所で、今ではいちじるしくコーヒーロードに変貌しました。




"撮影地 - 注文津 海岸


注文津突堤はドラマの中でジウンタク(ギムゴウン分)の子供時代の思い出が込められたところであり、鬼キム・シン(共有分)がウンタクに傘をかぶせてくれてそばの花を渡すなど女心をときめく場面が演出されたところである。



鬼ドラマとサイムダン光の日記動画ですしばらく見て行ってください。 








旅行日程

以下のコースを参照してください.